Be creative 採用情報

中外産業の“働きさん”たち

親会社であるダスキンでは、従業員の皆さんを「働きさん※」と呼んでいます。それぞれの専門分野で活躍する社員たち。
中外産業の働きさんとして、どのような思いで日々の業務に取り組んでいるのか、本音を語ってもらいました。

※働くことではた(傍)の人をらく(楽)にするという、自分の都合を省みずに他人のために一生懸命働くと、
その人に喜ばれ感謝されることでやりがいや生きがいにつながるという思いが込められています。

  • 01 営業 2008年入社
  • 02 製造管理 2015年入社
  • 03 営業アシスタント 2008年入社

01 営業 2008年入社

  • 仕事内容を教えてください

    バイク・自動車メーカー、食品関連企業様など、幅広い業界のお客様を担当しています。発注があればすぐ納品できるよう在庫管理したり、突発的に発生する案件へ対応したり。まずは客先の窓口となる、担当者様の想いを引き出せる信頼関係づくりを大事にしています。お客様それぞれにとって大切なユニフォームですから、こちらから一方的に提案するばかりではなく、「一緒に作っていきましょう!」と、お客様を巻き込んでいく。そんなスタンスも大切にしています。

  • 中外産業の強みとは?

    突発的な発注・出荷にも迅速に対応できること。これは製造から納品まで一元管理している中外産業ならではの強みだと思います。また、中外産業がつくるユニフォームは、見た目の美しさだけではなく、機能性や快適性など、すべて含めて“デザイン”だと思っています。そうした提案力とノウハウは、70年の歴史を持つうちの強みです。大変かどうかと聞かれると、決してラクな仕事ではありません。でも頑張れるんです。その原動力は、やはりお客様からの「ありがとう」「このユニフォーム、やっぱり作ってよかったね」に尽きます。

  • 今後の目標、ビジョンをどうぞ

    あらゆる困りごとに対して「中外さんなら何とかしてくれるはず」なんて言われることもあります。ユニフォームの枠を超えたご相談もときどきあり、「どうしよう」と思うこともあるのですが、信頼感と期待感のあらわれだと思うので、素直にありがたいですね。株式会社ダスキンの子会社となったことで、社内の働き方改革的も進んできました。品質がいいのは当たり前。部署異動などで、先方の担当者が変わることも多いですが、そんなときにも「分からないことは中外さんに聞けば分かる」という関係が築けているので、大切にしていきたいです。

02 製造管理 2015年入社

  • 仕事内容を教えてください

    製造管理部に所属し、主にユニフォームのデザインなど、服づくりを担う製造分野を担当しています。国内外の生産管理や納期・品質管理、モデルチェンジやマイナーチェンジへの要望を聞き、機能性を加味してデザインを企画したり。製造管理部のスペースにミシンもあるので、どうやって直すかなどを、実際にサンプルを作ってみることも。何よりも「自分が着たい」と思う物を作るようにしています。

  • 中外産業の強みとは?

    柔軟な対応力と、社内外での連携・協力体制が強いことです。お客様が「もっとこうしたい」という部分について、可能な限り対応していきたいと思っています。私自身、営業職の経験もあるので、営業の苦労も分かるつもりです。だからこそ、営業がお客様に寄り添うことに注力できるように、製造管理部で引き受けられることはやっていきたい。周りの人との協業できる関係性も、モチベーションにつながっています。

  • 今後の目標、ビジョンをどうぞ

    常にお客様目線でものづくりをし続けていきたいです。一般アパレルと違って、ユニフォームは一度作って終わりではなく、マイナーチェンジを繰り返し、進化し続けていくものです。良いユニフォームは、そのお客様に満足いただけるのはもちろん、「これカッコいいのに着心地がよくてね」という風に、ユニフォームが営業してくれることも。そんなユニフォームを作り続けるためにも、私たちは現状に満足せず、企画力や技術を磨き続ける責任があると思っています。今後は社内での学習体制なども充実させていきたいですね。

03 営業アシスタント 2008年入社

  • 仕事内容を教えてください

    営業とペアを組み、お客様からの電話対応、受注対応、納期調整、提案時のサポートなどを行っています。営業担当が不在の際でも、「アシスタントだけで対応できない」ということを極力少なくしたいと思っていて、営業からは「営業アシスタントは、外回りをしない営業だね」なんて言われることも。それくらいの対応ができているのかな、と、誉め言葉だと受け取っています。お客様からの問い合わせにタイムリーに対応できるよう、知識習得も積極的に行っています。

  • 中外産業の強みとは?

    難しいご依頼でも「まずはお話を聞く」という姿勢を大切にしているところです。あってはならないことですが、ごくたまに納品ミスや不良品が出ることがあります。その際も迅速かつ的確に対応することで、その後お客様との信頼関係がさらに強固になることが多いです。セミオーダー品などは、お客様のお好みやこれまでの経緯がわかっているので、私の方でピックアップして、営業に伝え、商談に役立ててもらうことも。社内外からの感謝の言葉と、「頑張ったことは無駄にならない」という手応えが、やりがいにつながっています。

  • 今後の目標、ビジョンをどうぞ

    女性ならではの視点(化粧直しやサニタリーへの配慮、女性にPRしやすい企画書の見せ方など)を他部署に共有し、開発や企画に活かすこともあります。名古屋でユニフォームといったら中外産業というイメージが確立している。老舗である中外産業と、株式会社ダスキンの子会社となったことで、お客様にとっては安心感があるという強みがあり、企業価値が高まったと思っています。

現在募集はしておりません 弊社にご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。大変申し訳ありませんが、全ての職種について現在、求人募集は行っておりません。募集の際は当ページにてご案内いたします。

製品に関するお問い合わせは下記よりお気軽にお問い合わせください